富士市のすこやかな暮らし

家づくりで土地購入の失敗事例なんです、

先ず、マイホームを建てる条件として、マンションや建売住宅はともかくとして、注文住宅の必須条件としては「土地探し」というのがあります。 勿論、土地探しは自分の足で行うのが普通ですが、しかし、実際問題としてなかなか大変なものでした、というのが実感です。
土地探しは勿論、立地条件等を十分に調べる必要がありますが、しかし、いろいろと条件をつけて調べるうちに、肝心な土地がなかなか見つからないのも実情だったのです。 其の条件の主な事柄は先ず、土地探しは人まかせにせず自分が出向いて行うこと、其れに通勤や通学、普段の買い物などの立地条件や日常の利便施設、其れに居住するための最低の環境条件等を詳しくチェックすることが大切です。
筆者が実際に某土地を購入したのはそれから1年以上も過ぎてからでしたが、併せて新築の小さな家づくりもしましたが、其処はお出かけにはインターに近く、大型ショップのスーパーもあるので通勤や買い物に便利だと思って決めたのですが、実際に購入して家を造ってからからわかったことですが、其の住宅地内には便利な代わりに多くの車が出入りしているし、何より朝夕の通勤時間帯は渋滞よけの迂回路にもなっていたのです。
そんなことで、昼間は予想以上に騒音や雑音がひどく、事前に調べたつもりでしたが普段の日常の状態もよく調べることが必要だと痛感した次第です。