富士市のすこやかな暮らし

マイホームに洗濯物干しのスペース必須

花粉症なので、独身時代から洗濯物は部屋干しです。ですから一戸建てマイホームを建てる際には、洗濯物を干せる部屋を用意しました。いわゆる「家事室」というものでしょうか。わが家は洗面所の横に洗濯機を置いているのですが、その横に一室洗濯物干しのスペースを用意したのです。部屋といっても、2〜3畳ほどの横長のスペースですが。
けれど、「洗濯物干しのスペース」として一室用意したことにより、今の生活がとても快適です。なんせ、洗濯物が干されているか、干されていないかで、部屋の印象が変わるからです。もちろん、前者は生活感が丸出しになります。そしてスッキリとオシャレなのは後者ですし。
それに、「洗濯物干しのスペース」を設けたことにより、梅雨時にも最適でしょう。春先は、花粉の害から自分の身と洗濯物を守るメリットがありますけれど、「洗濯物干しのスペース」は梅雨時にだって大活躍です。
「洗濯物干しのスペース」には24時間換気システムの換気扇もついていますし、通気性もバッチリで、まさらに「洗濯物干しのスペース」として最適なんです。他には物置スペースとしても大活躍です。