富士市のすこやかな暮らし

マイホームの結露を甘くみるべからず

マイホームの結露を甘くみてはいけません。現代のたいていの住宅ならば、結露はあまりないことかもしれませんが、けれども壁の結露はないにしても、窓の結露はやっぱり出てしまうのですよね。とくに家の中と外との温度差が大きいほどに、結露は出てしまうと言います。
ですから断熱材がしっかりと入った高気密高断熱の快適な住宅ほどに、結露が出てしまうなどとも聞きます。とくに冬場は窓ガラスにビッシリと水滴がついていることも。ですから放っておいてはいけませんよ。
結露をしていたら、しっかりと拭いておきましょう。確かに面倒くさいです。とくに寒さが厳しい朝なんかは、窓ガラスに水滴がついていることがあります。そしてそれらを拭くのは面倒です。しかし、結露を放っておいたらカビが生えてしまうのです。
窓枠に黒カビが生えていることだってありますからね。そしてまた、窓だけではなくて、カーテンにもカビが生えてしまうこともあるのです。そうなってしまっては、カーテンを外して洗濯してーと、ますます面倒が待っていますから。ですから面倒がらずに、しっかりと水滴を拭きましょう。せっかくのマイホームを長持ちさせるために大事なことです。